カットとヘアスタイル

お客様の『リアル』を大切にしたヘアスタイルの提供。

それがRealiteのテーマです。

そのために最も重要になるのがカットの技術です。

以前、ヘアスタイルづくりを家づくりに例えましたが、

カットの技術は家づくりで言うと、基礎設計、土台作りや骨組み作りに相当するので、

重要なのは当然なのですが、

毎日の再現性の高いヘアスタイルをつくるには特に重要です。

そこで、『立体パーソナルカット』です!

たいそうな名前がついていますが、

要は、『立体』と『パーソナル』を重視したカット技法ということです。

〇『立体』

頭は丸いです。

実際はこの世のものはすべて3D(立体)なので、正確には球体です。

球体の頭から生えている髪の毛が、重力で自然に下に落ちると、

物理的にどうなるのかを計算してカットすることです。

この法則にフィットした切り口でカットすると、

驚くほど馴染みが良くなります。

勝手に形になる。ハネない。収まりが良い。寝癖がつきにくい。すぐに元に戻る。

そんなリアルな生活に優しいヘアスタイルとなります。

〇『パーソナル』

人それぞれの素材に合わせてカットすることです。

髪質、毛流、癖、生え癖、頭の形、等、人それぞれ違います。

また、同じ人でも頭の場所によって、毛流や生え癖、癖の強さ、頭の形が違います。

もちろん左右も非対称です。

立体パーソナルカットは、

髪の毛を『ここにあるべき場所』に合わせて切るオーソドックスなカットと違い、

一箇所一箇所の髪の毛が『行きたい場所』と『通りたい道』に合わせてカットします。

そうすると、髪の毛はストレスなく、勝手に形になってくれます。

簡単に言うと、以上の2点を重視したカット技法が『立体パーソナルカット』です。

すべての技術がまだまだ進化途中ですが、

様々な方法を駆使して、Realiteはお客様の『リアル』を大切にしたヘアスタイルの提供を目指します!

そのなかでも最も重要な『立体パーソナルカット』のお話でした。

続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。