ダメージレス

もうひとつ、Realiteが大切にしていることがあります。

それは、『ダメージレス』です。

カラーやパーマや縮毛矯正等、

ヘアスタイルをつくるうえで、髪のダメージは欠かせませんが、

Realiteは、そのヘアスタイルをつくるのに必要最低限のダメージで施術することにこだわっています。

例えばカラーの場合、

髪色を明るくするのには必ずダメージが伴いますが、

すでに明るくなっていて、それ以上明るくする必要のない部分には、

ほとんどダメージしないカラー剤で染めることが出来ます。

パーマや縮毛矯正においても、

髪の負担が非常に少ない弱酸性の薬剤や

アルカリ剤無配合の薬剤等で叶う場合が多いです。

カラーやパーマ等のケミカル施術の際の髪のダメージの原因となる、

システイン酸の生成を抑制したり、

毛髪強度を上げたり、

ケミカル施術の後のダメージの原因となる残留物質の除去や、アルカリの中和等、

してくれる処理剤も存在します。

トリートメントも大事ですが、傷んでしまった髪は元には戻りません。

そもそも極力傷ませない。

Realiteは、ヘアデザインをつくるのは大好きです。

そのための、カラーもパーマも縮毛矯正も、ハイトーンカラーも、大好きです。

でも、髪が傷むのは嫌いです。

矛盾していますが、多くのお客さまも同じ思いかと考えます。

傷み過ぎてしまった髪は、

どんなにキレイにカットしても、どんなにキレイにカラーしても、汚く見えてしまいます。

髪をキレイに見せるのが困難になり、スタイリングに非常に手間がかかるようになります。

普段の生活でとても扱いにくい髪になってしまいます。

それは、Realiteの核である、『お客様のリアルを大切にしたヘアスタイルづくり』に逆行してしまいます。

ヘアスタイルをつくるうえで、まったくダメージゼロというのは不可能ですが、

数ある方法の中から、極力傷まない方法を選択する。

それがRealiteがもうひとつ大切にしていることです。

                                     続く・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。